So-net無料ブログ作成
検索選択

1st Live!!! [music!]


Set List

1 When will I see you again
2 Isn't she lovely
3 Lovin'you
4 You're the sunshine of my life
5 I'll be there
6 Lately

7 Inst~これからは...(弾き語り
8 Top of the world
9 You've got a friend
10 Water's line(original)
11 For once in my life
12 niji(original)

先ずは、雨の中 足を運んでくださったみんな様 ありがとう!
そして、バルーンオブジェ花束アレンジメントを下さったみんな様
本当に感激しました!ありがとうございます。

たくさんの拍手と 感激するような言葉たちをありがとうございました。

正直咳きの心配がものすごいプレッシャーになっていて 1曲1曲ゆっくり
かみ締めるどこじゃなかったのが本音。
でも すごく集中できた。だから歌ってる間は咳きは出なかった。
不思議なほどに。 守られてるような感じがして有難かった。
そして、暗闇でよく見えなかったけど、たくさんの人たちのあったかい視線。

ほんと、ステージの上は孤独じゃなかった。
それも守られてる感覚につながった。

バックの演奏を感じて、みなさんから送られる空気を感じて
ライトの眩しさを感じて・・・。たくさん感じた時間だった。

でもオープニングで スカートがめちゃくちゃメクレあがってたんだってね。
ベージュも見えてたらしいじゃん。自分ではさっぱり解らなかったよ。
キャ~とかアアアアとか聞こえたけど、マイクのコードと一緒に
持ち上げてたなんて あー失敗(;_;) お笑いだったら掴みはOKだね(プ)

それにも増して、胸のボタンがハジケテいっこ外れてた。(ワオー)
それは気づいていた。予測はしていた。すぐ外れるんだもん。
ネックレスで邪魔してわかりづらいけど
一番前の人が一生懸命教えてくれてたけど、ステージの上ではめるわけには
いかんかってん(;_;)。開き直ったさ。えぇ・・・

もう丸裸にされたくらいの恥ずかしさだった。
でも歌わなきゃ!伝えなきゃ!ってのが優先して、気にしなくなってた。

自分的には少しリキんでたかなあ?
やっぱ最初だし、でも必死だったことは確か。

歌ってるときね、すごくギューってパワーが押し寄せて楽しくなってた。

そうそう、歌う本人が楽しまなくちゃ、ソレすら伝わらないものね。
あの時間を止めたかったよ。1曲歌い終わるごとに切なくなった(笑)
でも、かみ締めて、味わって、すごくすごく目に見えない光みたいなものが
自分に集まってきていて、
あ~ こういうことだったのか・・・改めて身を持って感じた。

今回時間を閉じ込めることは出来ないから でも、どうしてもみんな様にお礼がしたくて
プリザーブドフラワーをプレゼントした。

フラワーアレンジメントの先生をしている友達が徹夜で夜なべで作ってくれた。
本当に感謝です。ありがとう。
枯れないお花、この時間を閉じこめた感覚で、なんかこの夜を思い出して頂けたら
是幸いと♪ 喜んで頂けて嬉しかったです!

1部の最後のLatelyの前に最近の出来事の話をした。
いくつかしたんだけど、最後に 毎年誕生日の0:00に来る母親からのメールの話をした。
1人暮らしをはじめてから、いつもくれるメッセージ、格言みたいなものなんだけど
いままでは、ふーん 母親っていくつになっても子供がカワイイもんなんだねぇ~
とか思っていたんだけど、ココ最近は、この言葉がすごく沁みる。

「いろんな人生があるけど、やりたい事が出来るって幸せだよ。成功もあれば、挫折あり。
楽しみはあれば、苦しみもあり、なんのその!がんばりやー
あなたは、あなたなりに輝いてね★ でも健康じゃなきゃダメだよ」

ママンは私のいつもお参りする代々木八幡に1人で行って、ワンマンの成功祈願をしてくれて
いたようで、力を抜いていつものようにがんばれ!

って。この話をしている途中で自分で切り出したのに涙が溢れてきた。
「これから大事な歌を歌うのに~」

ポロロロ~ン ミュージシャンがまた泣けるような韓国ドラマ風味なキュンキュンメロを奏でる

「やめてください(涙目)」

バカか?あたしは・・・もうオープニングからある意味いろいろ曝け出したのでいっか(苦笑)

無事に黒い涙をタレ流さず 歌いきりました。

2部は弾き語りからのStart。緊張してケアレスミスをしてしまい
このライヴ全体で、一番悔いが残る場面でもあった。

あのピアノだけの演奏はないほうが良かったか?
とか・・・少しトーク交えてのほうが良かった?とか。
今後の課題になりそ。

そして、なんといってもオリジナルをあんなにたくさんの人たちの前で
歌うのは、初めてだったので すごく反応が気になった。

Warer's Lineは本当はもっとスローリーな感じだったんだけど
6分もあり(驚愕) 急遽ライヴ2日前に テンポをアップに変えた。
結果としては、もうちょっとゆっくりのほうが良かったかな?とは
思ったけど 初めてあわせた演奏にしてはいい出来だったと思う。
nijiに関してもそう。
この歌は自分で歌ってても楽しいワクワクな気分になれるから好き。

みんなから nijiが一番素敵だった。すごく気に入ったとか
Water's lineは大人な感じで すごく好きな曲調
とか、ワルツのあんな難しい曲よく書けたね とか。
いっこいっこ そういう言葉を頂戴して、あ~あたしのオリジナル
人前で歌っても違和感なかったのか!しかもそれが一番いいって言われた!

この言葉たちで、更にまた挑戦する意欲がわいてきた。
まっすぐ届けた歌は、すごくダイレクトに帰ってきて、なんだか至福だった。

みんな様から、ほんと 次のトビラを開くための鍵を頂いたよ!

まあ、少し休憩はするけどね(笑)
暫く余韻に浸ることにしよう。

兎に角、みんな様のお陰で、素晴らしい歌い手としてのスタートがきれました。

ありがとうございました!!!!
ってここで書いてもなんですが。(苦笑)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 0

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。